心の中の「違和感」や「好奇心」を見て見ぬふりしないこと!

 

 

自信が持てない時の人間の行動

 

 

どうしても僕らは、自分にそこまで自信が持てない時、

 

 

 

 

社会的な正しさや、時代の気運に従おうとしてしまいがちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「きっと自分に非があるんだろうなあ…。」と、

 

 

 

 

 

ある程度予想がついてしまうと、なおさらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、下手にこじらせず「素直」であろうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

でもですよ、それでも僕は、

 

 

 

 

 

その直感の方に、素直に従ったほうがいい思うのです。

 

 

 

 

 

 

人はいつ成長するのか?

 

 

 

なぜなら「ひとはいつ成長するのか?」を考えたときに、

 

 

 

 

 

 自己責任で突き進み
 
 自分の納得感のもと
 
     全身全霊で挑戦したとき

 

 

 

 

だと思うから。

 

 

 

 

 

多少のやけどで済みそうなら、むしろその“こじらせ”“失敗”は、

 

 

 

 

 

自分の成長において必要な経験のようにさえ思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、幼い頃の古傷がひとつもない、

 

 

 

 

ピカピカの人間なんていないでしょう…?

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ僕は、聞き分けよく、まわりが求める自分の姿に、

 

 

 

 

 

近付こうとするために「素直」であろうとするよりも、

 

 

 

 

 

自分の心の声を大切にして、自分の直感に「素直」であるほうがいいと

 

思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
そして、この感覚は「対人関係」でも、全く同じことが言えると
 
思っていて。
 
 
 
 
 
 
 
誰もが「あのひとは、良いひとだ」と言っているひとであっても、
 
 
 
 
 
自分が違和感を感じるなら、距離を置いたほうが良いと思うし、
 
 
 
 
 
逆に誰もが「あのひとには、近づくな」と言っているひとでも、
 
 
 
 
 
自分が直感的に興味があるのであれば、
 
 
 
 
積極的に関わっていったほうがいいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
これは、あくまで僕の価値観でしかないですが、
 
 
 
 
 
 
いつもこのブログを読んでくださっている方々にとっても、
 
 
 
 
 
 
何か選択肢を選び取るときの参考になればと思います。
 
 
 
 
 
 
 

By あっきー。

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • SmaSurf クイック検索